ホーム > リノベーションとは > リノベーション業者はどう選ぶ?

リノベーション業者はどう選ぶ?

(写真= Photographee.eu/Shutterstock.com)

リノベーションを行う際、自分が希望するリノベーション内容に最適な業者を選ぶ必要があります。また、業者の選定では費用だけでなく、工事への信頼や実績などを考慮しなければなりません。リノベーション業者の選び方や見積もり時にチェックすべきポイントについて紹介していきます。

まずは候補を挙げてみよう

リノベーション業者は、それぞれ得意とする工事内容や取扱い商品に特徴を持っています。リノベーションを行っているのは以下のような業者です。

・ ハウスメーカーや不動産会社
・ ガスや電気、水回りの設備会社
・ 設計事務所
・ ホームセンターや家電量販店など
・ ワンストップリノベーション会社(物件探しからリノベーションまで一括して請け負う会社)

数十年先のことを見越して総合的にリノベーションしたいのか、おしゃれに生まれ変わらせたいのか、最新のリノベーションを提案してもらいたいのか、理想の形をかなえてもらうためにはそれぞれの得意分野を意識して探すといいでしょう。

実際に業者を探すときは主に以下のような方法があります。選定する業者が多すぎると、比較するときに決めかねてしまいますので、まずは価格帯などの条件を決めて2~3社ほどを候補として選ぶのがおすすめです。

・ 設備・住宅メーカー主催の相談会
相談会では気軽に参加して疑問を解消できるため、リノベーションについて知識を持っていない方にもおすすめです。ただし、どうしても主催企業にとってメリットのある施工をすすめられるため、1度の参加で決めずに、いくつか参加して比較するのが原則です。

・ テレビ・新聞などの広告やチラシ、車内広告など
・ 実際にリノベーションした知人からの情報や、近所の口コミ
・ 業者のサイト
・ 地元の工務店やリフォーム店

日頃目にしているテレビや新聞、電車内などにもリノベーション業者は広告を出していることがあります。普段から少し意識することでたくさんの情報が見つかるかもしれません。

・ インターネットのリノベーション業者検索サイト
いくつもの業者を一度にチェックしたい場合には、リノベーションに特化した情報を発信しているサイトで調べるのも手です。1つのサイト内で複数の業者を紹介しているため、比較検討がしやすいのがポイントです。

・ 新築した時の工務店や住宅メーカー
新築した物件をリノベーションする場合には、新築の際に施工を担当した工務店や住宅メーカーに相談するのもいいでしょう。新築時の状況と現状を踏まえた上で提案してもらうことができるはずです。

候補の中から選定する

得意分野や見積もりをもとに2~3社に絞ったら、最終的に依頼する業者を決めましょう。決定するポイントはいくつかありますが、「ここだったら安心して任せられる」「この人にお願いしたい」「一番魅力的で具体的な提案をしてもらえた」など、納得のいく業者であることが大切です。

業者のどの部分を重視するかは人それぞれですが、事業者団体への加盟は必ず確認したいところです。現在では国土交通省により住宅リフォーム事業者団体登録制度が創設されています。多額の費用が必要となることもあるリノベーションですから、この制度に登録している協会加盟業者を選ぶようにしましょう。

また、リノベーションを行うだけであれば、業者は建設業許可の登録を行う必要はありませんが、登録していると工事の自由度が高くなるため、経験豊富な業者であれば登録している可能性があると言えるでしょう。

その他に、業者の得意分野とリノベーション内容が合っているかを再確認しましょう。話を聞いているとさまざまなリノベーションを提案されどれも魅力的に感じるかもしれませんが、本来希望していた形からそれすぎていないか、冷静に判断することも大事です。実際に施工するのは営業担当者ではありませんから、リノベーションの実績や経験など技術面・知識面は重要です。

相見積もりは必須

実際に依頼する業者を選ぶ際は、候補となった業者すべてに見積もりを依頼し、費用とその内訳を比較・検討する必要があります。見積書では主に、作成日・押印・商品名・単価・数量・諸経費・合計金額・見積もりの有効期限などの点をチェックしておきましょう。

見積もりは何度か修正を依頼するケースもあるため、いつの時点での見積もりか把握するために作成日が記入されているか、必ず確認しておきましょう。また、見積書は正式な書類ですが、押印が無ければ非公式な書類と扱われてしまう可能性があるため、合わせて確認の必要があります。

また、商品名や単価、数量、諸経費、合計金額について、相場通りであるかチェックしましょう。相見積もりの際、数字に明らかな差がある業者は避けるのが無難と言えるでしょう。一般的に、諸経費は工事費全体の5~10%が多いと言われています。

また、業者によっては見積もりに有効期限が設定されていることがあるため、業者を選定する期間の目安にするといいでしょう。

信頼できる業者を選ぼう

リノベーション業者を選ぶ際は、比較する上で重要なポイントをおさえ、費用と工事内容への信頼などを総合的に判断しなければなりません。気になる業者から相見積もりを取ることで、納得のいく業者に出会えるはずです。また、説明が丁寧で、トラブル発生時についての説明もしっかり行ってくれる業者は信頼できると言えるでしょう。

【オススメ記事】
そもそも「リノベーション」と「リフォーム」はどう違うのか
欧米では当たり前!リノベーションで物件価値が上がる
リノベーションに向く物件2つの特徴
リノベーション不動産投資とは
お宝物件に変身?リノベーションで築古物件がヴィンテージマンションに